e-Tax利用の流れ

事前手続

  1. 開始届出書の提出
    1. e-Taxの利用に当たっては、事前に開始届出書を所轄税務署に提出(送信)します。
  1. 審査、登録
    1. 開始届出書の提出後、税務署において所要の処理を行います。
    2. 利用者識別番号及び暗証番号の取得
    3. 開始届出書をオンラインで提出した場合は、利用者識別番号等がオンラインで発行(通知)されます。
    4. 開始届出書を書面で提出した場合は、後日、税務署から、利用者識別番号及び暗証番号が記載された通知書が送付されます(特定納税専用手続を選択された方は、利用者識別番号、納税用確認番号及びカナ氏名・名称が記載された通知書が送付されます。)。

初期登録

暗証番号の変更、電子証明書等の登録/変更・登録した旨のメッセージ

e-Taxソフト等を利用して、e-Taxへ初めてログインする際に税務署から通知された暗証番号を任意の暗証番号に変更(利用者識別番号等をオンラインで取得した方を除きます。)し、電子証明書等を登録します。

申告・申請等手続

  1. 申告・申請等データ(電子署名付)の送信/データを受信した旨の通知
    1. e-Taxソフト等を利用して申告等データを作成し、電子署名及び電子証明書を添付の上、送信します。
    2. e-Taxでは、送信直後に申告等データのデータ形式等のチェックを行い、受付番号及び受付時間等を送信者のパソコン画面に即時通知として表示します。
  1. 受信データのチェック等/データのメッセージボックスへの格納
    1. e-Taxでは、送信直後に行うデータ形式等のチェックとは別に、送信された申告等データの基本的事項(納税者名、住所等)に係る内容確認を行います。
    2. この確認の結果は、受信通知としてe-Tax内に用意される利用者ごとのメッセージボックスに格納されます。
  1. 送信データの確認等
    1. 即時通知の確認後、ある程度の時間をおいて再度e-Taxへログインし、e-Tax内に用意される利用者ごとのメッセージボックスで受信通知を確認します。

納税手続(登録方式でインターネットバンキングを利用する場合)

  1. 納付情報データの送信/データを受信した旨の通知
    1. 税目、納付の目的となる課税期間、申告区分、納付金額等の納付情報データを作成し、e-Taxに送信して事前に登録します。
  1. 受信データのチェック等/納付区分番号等のメッセージボックスへの格納
    1. e-Taxでは、受信した納付情報データの基本的事項(納税者名、住所等)に係る内容確認を行い、納付指図時に入力する納付区分番号等を表示した受信通知をメッセージボックスに格納します。
  1. 納付区分番号等の取得
    1. e-Taxにログインし、受信通知により納付区分番号等を取得します。
  1. 収納機関番号、利用者識別番号、納税用確認番号及び納付区分番号を送信
    1. インターネットバンキングのIDやパスワードによって金融機関のシステムにログインし、インターネットバンキングの画面上から、利用者識別番号、納税用確認番号及び納付区分番号を入力して金融機関に送信します。
      金融機関に送信されたデータは、マルチペイメントネットワーク(MPN)を通じて受付システムに送信されます。
  1. 納税者氏名、税目、課税期間及び納付金額等を通知
    1. e-Taxでは、利用者識別番号、納税用確認番号をチェックし、電子納税の利用者であることを確認し、納付区分番号に基づき上記で登録された納付情報データをMPNを通じて、納税者氏名、税目、課税期間及び納付金額等を通知します。
  1. 納付指図
    1. 画面に表示された情報に誤りがないことを確認し、インターネットバンキングの画面から、利用者自身の預金口座から納付金額に見合う金額を国庫金勘定に振り替えるよう指示します。
  1. 領収済データの連絡
    1. 金融機関は、納付指図のあった預金口座から国庫金勘定に納付税額を振り替え、領収済データをe-Taxに送信します。
  1. 領収済データ受信の通知
    1. e-Taxでは、金融機関から送信された領収済データを確認した後、金融機関に領収済データ受信の通知を送信します。


※税金情報の記事は、国税庁ホームページより抜粋し、株式会社アイフラッグから提供されています(2008年7月現在)

会社の税金情報 へ



  • 特集1 税理士料金の仕組み
  • 特集2 税理士選びのポイント

税金情報

確定申告情報