役員の範囲

役員とは次の者をいいます。


  1. 1.法人の取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事及び清算人
  2. 2.1以外の者で次のいずれかに当たるもの
    1. (1)法人の使用人(職制上使用人としての地位のみを有する者に限ります。)以外の者で、その法人の経営に従事しているもの

      なお、「使用人以外の者で、その法人の経営に従事しているもの」には、例えば、取締役又は理事となっていない総裁、副総裁、会長、副会長、理事長、副理事長、組合長等、合名会社、合資会社及び合同会社の業務執行社員、人格のない社団等の代表者又は管理人、又は法定役員ではないが、法人が定款等において役員として定めている者のほか、相談役、顧問などで、その法人内における地位、職務等からみて他の役員と同様に実質的に法人の経営に従事していると認められるものも含まれます。

    2. (2)同族会社の使用人のうち、次の事業年度の区分に応じてそれぞれ次に掲げるすべての要件を満たす者で、その法人の経営に従事しているもの
      1. イ. 平成18年4月1日以後に開始する事業年度
        1. (イ)その会社の株主グループ(注1)をその所有割合(注2)の大きいものから順に並べた場合に、その使用人が所有割合50%超の第一順位の株主グループに属しているか、又は第一順位と第二順位の株主グループの所有割合を合計したときに初めて50%超となる場合のこれらの株主グループに属しているか、あるいは第一順位から第三順位までの株主グループの所有割合を合計したときに初めて50%超となる場合のこれらの株主グループに属していること。
        2. (口)その使用人の属する株主グループの所有割合が10%を超えていること。
        3. (ハ)その使用人及びその配偶者並びにこれらの者の所有割合が50%超である他の会社の所有割合の合計が5%を超えていること。
      2. 口. 平成18年3月31日までに開始する事業年度
        1. (イ)その会社の株主グループをその持株割合(注3)の大きいものから順に並べた場合に、その使用人が持株割合50%超の第一順位の株主グループに属しているか、又は第一順位と第二順位の株主グループの持株割合を合計したときに初めて50%超となる場合のこれらの株主グループに属しているか、あるいは第一順位から第三順位までの株主グループの持株割合を合計したときに初めて50%超となる場合のこれらの株主グループに属していること。
        2. (口)その使用人の属する株主グループの持株割合が10%を超えていること。
        3. (ハ)その使用人及びその配偶者並びにこれらの者の持株割合が50%超である他の会社の持株割合の合計が5%を超えていること。
    3. (注1)「株主グループ」とは、その会社の一の株主等及びその株主等と親族関係など特殊な関係のある個人や法人をいいます。
    4. (注2)「所有割合」とは、次に掲げる場合に応じて、それぞれ次に掲げる割合をいいます。
    5. (1)その会社がその株主等の有する株式又は出資の数又は金額による判定により同族会社に該当する場合

      その株主グループの有する株式の数又は出資の金額の合計額がその会社の発行済株式又は出資の総数又は総額のうちに占める割合

    6. (2)その会社が議決権による判定により同族会社に該当することとなる場合

      その株主グループの有する議決権の数がその会社の議決権の総数のうちに占める割合

    7. (3)その会社が社員又は業務執行社員の数による判定により同族会社に該当する場合

      その株主グループに属する社員又は業務執行社員の数がその会社の社員又は業務執行社員の総数に占める割合

    8. (注3)「持株割合」とは、その会社の株主等の有する株式の総数又は出資金額の合計額がその会社の発行済株式の総数又は出資金額のうちに占める割合をいいます。


※税金情報の記事は、国税庁ホームページより抜粋し、株式会社アイフラッグから提供されています(2008年7月現在)

会社の税金情報 へ



  • 特集1 税理士料金の仕組み
  • 特集2 税理士選びのポイント

税金情報

確定申告情報