控除できなかった消費税額等(控除対象外消費税額等)の処理

  1. 税抜経理方式を採用し、かつ、その課税期間の課税売上割合(注1)が95%未満である場合には、その課税期間の仕入控除税額は、課税仕入れ等に対する消費税額の全額ではなく、課税売上げに対応する部分の金額となります。したがって、この場合には、控除対象外消費税額等(仕入税額控除ができない仮払消費税等の額)が生じることになります。
    この控除対象外消費税額等は、法人税法上又は所得税法上、次に掲げる方法によって処理します(注2)。
  2. (注1)課税売上割合
    =その課税期間の課税売上高(税抜き)÷その課税期間の総売上高(税抜き)
  3. (注2) 税込経理方式を採用している場合には、消費税額及び地方消費税額は資産の取得価額又は経費の額に含まれますので、特別な処理は要しません。

資産に係る控除対象外消費税額等

資産に係る控除対象外消費税額等は、次のいずれかの方法によって、損金の額又は必要経費に算入します。

  1. (1) その資産の取得価額に算入し、それ以後の事業年度又は年分において償却費などとして損金の額に算入します。
  2. (2) 次のいずれかに該当する場合には、A法人税法上は、損金経理を要件としてその事業年度における損金の額に算入し、B所得税法上は、全額をその年分の必要経費に算入します。
    1. イ その事業年度又は年分の課税売上割合が80%以上であること。
    2. ロ 棚卸資産に係る控除対象外消費税額等であること。
    3. ハ 一の資産に係る控除対象外消費税額等が20万円未満であること。
  3. (3) 上記(2)に該当しない場合には、次に掲げる方法によって処理します。
    1. イ 法人税
      資産に係る控除対象外消費税等を60で除し、これにその事業年度の月数を乗じて計算した金額の範囲内で、その法人が損金経理した金額を損金の額に算入します。
      なお、その資産を取得した事業年度においては、上記によって計算した金額の2分の1に相当する金額の範囲内で、その法人が損金経理した金額を損金の額に算入します。
    2. ロ 所得税
      資産に係る控除対象外消費税等を60で除し、これにその年において事業所得等を生ずべき業務を行っていた期間の月数を乗じて計算した金額を必要経費の額に算入します。
      なお、その資産を取得した年分においては、上記によって計算した金額の2分の1に相当する金額を必要経費の額に算入します。

控除対象外消費税額等が資産以外に係るものである場合

次に掲げる方法によって処理します。

  1. (1) 法人税
    全額をその事業年度の損金の額に算入します。
    ただし、交際費等に係るものは、交際費等の損金不算入の規定の適用があります。
  2. (2) 所得税
    全額をその年分の必要経費の額に算入します。


※税金情報の記事は、国税庁ホームページより抜粋し、株式会社アイフラッグから提供されています(2008年7月現在)

会社の税金情報 へ



  • 特集1 税理士料金の仕組み
  • 特集2 税理士選びのポイント

税金情報

確定申告情報